全国に店舗を構え、近年とても人気のあるパーソナルジム!マンツーマン対応や食事の管理など、短期間でのダイエットに最適との声が多いんです!料金が高額なイメージがあるかと思いますが、おすすめのプライベートジムは料金も安いんです!

【おすすめパーソナルジム2019】手ぶらで通えるプライベートジム比較

太る原因と対策

プロテインの飲み過ぎは超太る?プロテインで太る理由や対処法まとめ

更新日:

プロテインで太る理由や対処法
「プロテインを飲みすぎると太る」、そんな噂を聞いたことはありませんか?

アスリートが日常的に飲んでいるであろうプロテイン、それを飲むことでかえって体に脂肪がつくというようなことはあるのでしょうか?

先に結論を言えば、プロテインで太るというのは半分正解です。

当記事では、プロテインを飲むと太るのか、その真相をお届けいたします。併せて適切な摂取方法についてもお話し致しますので、ぜひチェックして日頃のトレーニングに役立ててみてください。

プロテインを飲む(飲みすぎる)と太るって本当?

太る原因
先ほど述べたように、プロテインで太るというのは半分正解です。ではなぜ、プロテインを飲む(飲みすぎる)と太ってしまうのか?

その真相を知るためには、まずはプロテインというのが一体どういうサプリメントなのか、それを知る必要があります。

本来太らないはずのサプリ――プロテイン

プロテインとは「タンパク質」のことです。鶏のささみや大豆や卵黄などに含まれるタンパク質を粉末状にしたものがプロテインであり、このプロテインは、筋肉の形成、増強、維持をサポートする働きを持ちます。

そのため、ダイエットやボディビルディングを目的に運動をする人たちは、筋肉量を増やし基礎代謝をアップさせるため、あるいは筋肉の太く大きくして見栄えを良くするために、プロテインを飲むわけです。

ではこのプロテイン、つまりタンパク質は、摂取すると太るものなのかというと、太りません。

基本的にプロテインは「おデブ」の直接の原因にはならないものであり、どれだけ摂っても、脂肪が増えるという意味で太ることはないのです。

ちなみにおデブの原因とは糖質と脂質であり、これらを一切摂らなければ、体型を維持できるどころか、どんどん体は痩せていきます。その糖質、脂質に該当しないタンパク質は、どれだけ摂っても太らないものなのです。

このように、プロテイン自体はおデブの原因には100%ならないのですが、場合によっては太ってしまうこともあります。

プロテイン(タンパク質)そのものに問題がなくとも、そのプロテインに同時配合されているその他の成分や、あなたの飲み方によって、太ってしまうことはあり得るのです。

タンパク質以外の成分が配合されていると太るかも?

プロテインを飲んで太るということがあるとすれば、それはそのプロテインに含まれているタンパク質以外の成分が原因です。

プロテインはタンパク質であり、本来はこれといって味のないものです。人によっては不味い、飲みにくいと感じることもあるでしょう。

そのため、今のプロテインにはココアやバナナパウダーといった味を調整するための素材が配合されているものがあります。

また、それとは別に、エネルギー源としてあえて糖質を配合しているプロテインもあるのです。糖質は先述のとおりおデブの原因となるものですから、摂りすぎればもちろん太ります。

このように、プロテインそれ自体は太るものでは決してないのですが、タンパク質の他に糖質を含むものが配合されている場合、それを飲みすぎると太る可能性があるのです。

したがって、プロテインで太るというのは、半分正解であり、半分誤りであると言えます。

プロテインの「飲み方」によって太る場合も……

また、プロテインの飲み方にも注意が必要です。

皆さんはプロテインを飲むときに、何にパウダーを溶かしているでしょうか。牛乳に溶かしているという方は要注意です。プロテインではなく、その牛乳によって太ってしまう可能性があります。

牛乳にはカルシウムなどの栄養素が豊富であり、体を健康に保つのには非常によい食品なのですが、一方で「脂質が多い」というデメリットもあります。味が濃くておいしい牛乳ほど脂質が多いと考えていただいて構いません。

もしあなたがその「脂質たっぷりの牛乳」にプロテインを溶かして毎日飲んでいるとすれば、牛乳の脂質によって太ってしまう可能性があります。

ですから、プロテインは水もしくは低脂肪牛乳に溶かして飲んだほうがよいでしょう。

筋肉量の増加による体重増を「太った」と勘違いするケースも

普段から脂質や糖質を摂らないように気をつけ、プロテインの種類や飲み方にも注意している、なのに体重が増えてしまった……それで「プロテインは太る!」と思い込んでしまう方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

ですが、結論を言えば、それは完全な勘違いであり、思い込みです。

確かに、プロテインを飲むと体重が増える場合もあります。それは何故かというと、筋肉がつくからです。

プロテインは筋肉の増加や維持を助ける働きを持つため、プロテインを飲みつつ運動を繰り返すことで、体の筋肉量は徐々に増えていくのです。

そしてこの筋肉というものは、実は脂肪よりも重いんですよね。体に筋肉がつき始め、しかし脂肪はまだ落ちていないという段階では、一時的に体重が運動開始前よりも増えてしまうことがあります。

ですがそれは一時的なものですし、体の基礎代謝(日常生活で自然に消費されるカロリー数)が向上している証拠ですので、むしろ喜ぶべきことなのです。

もしかすると、特に女性のなかには筋肉をつけることすら嫌だと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ムキムキになりたくないとか、筋肉も全部落としてそのぶん体重を減らしたいとか、そういう理由で。

しかし、プロテインを飲んだからといって、ダイエット目的の軽い運動で女性がムキムキになるということは、まずあり得ません。男性でさえ、アスリートのような肉体を手に入れるには相当の苦労が要るのです。

男性よりも筋肉のつきにくい女性が、週2、3回程度の運動でムキムキになることはまずないと思ってください。

そして「筋肉も全部落としたい」というのは危険な発想ですから、考えを改めましょう。

筋肉が全くない体は基礎代謝が悪く、ちょっと食べるだけでぶくぶく太ってしまう「太りやすく痩せにくい体」であり、リバウンドの危険性がきわめて高いです。

一生食べないならそれでいいですが、おいしいものを何も食べられない人生って、楽しいのでしょうか?

それと、筋肉が少ないと運動をした際に骨にかかる負担が増大します。関節が傷ついて痛んできたり、骨に亀裂が入ったりすることも、現実としてあり得るのです。

筋肉を減らし、そのぶん体重を減らそうなどという考えは、今すぐ捨ててください。

この章のまとめ

以上、プロテインを飲むと太るという噂の真相をお伝えいたしました。

プロテイン、タンパク質自体はまったくおデブの原因ではないのです。プロテインを飲んで太るのは、それ以外の成分や、飲み方が原因なんですね。そして中には、筋肉量が増えたのを「太った」と勘違いしている人もいることでしょう。

もう一度言いますが、プロテインそのもので太ることはありません。

太りたくなければ、糖質が含まれていない純度の高いプロテインを飲んだり、低脂肪牛乳や水に溶かしたりと、何かしら工夫をするだけでOKです。

プロテインの正しい飲み方や注意点とは?

ロテインの正しい飲み方や注意点
ではここからは、プロテインの正しい飲み方や注意点をご紹介したいと思います。トレーニングにぜひお役立てください。

飲むのはトレーニング前後

プロテインを飲むタイミングは、基本的にはいつでも構わないのですが、よく「ベスト」と言われるのはトレーニングの前後です。

運動をすると筋肉が痛みますよね。その筋肉痛は、筋肉が一度破壊され、より強く作り直される際に生じるものです。

その筋肉の再生成のタイミングに、筋肉の素になるタンパク質を摂ることが、効率的なトレーニングのサポートになると言われています。

毎朝のウォーキングの前後、あるいはスポーツジムでの筋トレの前後など、運動の前後に飲むことで、プロテインのパワーを引き出すことが可能です。

こまめに飲む

プロテインはできるだけこまめに飲んだほうがよいでしょう。具体的には1回20g程度を何度かに分けて飲むのです。

タンパク質の摂取量目安は成人男性で60g、成人女性で50gですから、朝にご飯と一緒に1杯、その後トレーニング前後に1杯ずつというふうに、小分けにしたほうがパワーを引き出せます。

人間の体というものは、一度に多量の栄養素を摂取しても、対応しきれないものです。摂りすぎた栄養は「不要物」と判断され、体外に排出されてしまいます。

だからこそ、プロテインやその他サプリメントは、できるだけ小分けにして飲んだほうがよいのです。

ちなみに、タンパク質には特に摂取量の上限が定められていません。ですから相当多くのタンパク質を摂ったとしても、健康にはほとんど害がないと思われますが、あまりに過剰な摂取は内臓に負担をかけることにもなりますので、やめておいたほうが無難でしょう。

できれば水に溶かして飲む

そして前章で述べたように、プロテインはできれば水、もしくは低脂肪牛乳などに溶かして飲んだほうがよいでしょう。

脂質たっぷりの牛乳に溶かして飲むことは、おデブの原因になる恐れがありますから要注意です。

プロテインで太る理由や対処法まとめ

プロテインで太る理由や対処法まとめ
以上、プロテインを飲むと太るという噂の真相、そして正しいプロテインの飲み方をご紹介いたしました。

プロテインそれ自体は太らないものですが、同時配合されている糖質や、飲み方などによってはおデブの原因となることもあります。

プロテインは糖質抜きのものを選ぶ、糖質入りの場合は飲み過ぎに注意する、高脂肪の牛乳で飲まないようにするなど、皆さんが注意していれば、プロテインで太るということはないでしょう。

プロテインはダイエットやボディビルディングには欠かせないサプリメントです。上手に付き合って、そのパワーを引き出していきたいですね。

  • この記事を書いた人

ストイック三島

身体を鍛えながらダイエットに挑戦して2年。もっとも効果的なトレーニング方法やおすすめのパーソナルジムを、自身の経験をもとにご紹介していきます!

-太る原因と対策
-

Copyright© 【おすすめパーソナルジム2019】手ぶらで通えるプライベートジム比較 , 2019 All Rights Reserved.